「雑記」カテゴリーアーカイブ

「僕、ウォンバットと旅に出る。」ライナーノーツその4〜唄について〜

アルバムジャケットからコンセプトが決まり、レコーディングが始まりました。
収録した曲たちはそれぞれこんな想いから生まれました。
そして、その思いはどこかの路上につながっているのです。

「おとこのこおんなのこ」

いつだって、何かを始める時にはただ夢中で駆け出すものです。それは大人も子供もいっしょ。
でもそんな駆け出す姿を笑う奴らもいるのです。ほんとは分かっているけれど、ついついからかってしまうのかもしれない。確かに夢中で駆け出したことには、勘違いがあったり、間違ったやり方があるかもしれない。
僕も昔々、エレキギターがまだ弾けない頃、マイクをアンプに繋いでひずませて、ギターソロを口でやってたこともある。笑われても仕方がない。でも、きっとそんな姿を「それ、おもしろいね!」と言ってくれる本当の友達がいるはずです。少なくても僕にはそんな友達がいました。からかったりしないで、一緒に唄ってくれる友達が。

男の子が女の子みたいでもいいし、女の子が男の子みたいに遊んだっていいじゃない。大人だって子供だっていいんだ。そんな思いを唄にしました。

 

「ひまわり畑」

今回、新曲を多く書いたのですが、アルバムには古くからの曲も半分入れました。
「ファンタジー」をコンセプトにした時、物語を強く打ち出した唄たちをもう一度、きちんと吹き込みたいと思ったのです。しかも、この歌を大切にもってくれている友達がいたからです。2018年京都のライブをお休みした時の夏、友達がそろってこの歌をチャット越しに唄ってくれたのです。自分の歌を誰かが覚えていてくれることほど嬉しいことはありません。だから、待っていてくれたことへのお礼を込めて新たに吹き込みました。
この曲を書いた当初のイメージで頭の中にあった音のパーツを一つ一つ再現してみました。

 

「イワナの居場所」

今回のアルバムのコンセプトの一つに「旅に出る」があります。この曲も「山登り」という旅に出ます。人生において「嫌なものをなんでも食べてくれる伝説の魚」がもしもいたとしたら、多くの人がザックにいらないものをたくさん詰め込んで山にゆくでしょう。
その魚の名を「イワナ」としました。
「釣りキチ三平」で魚心さんが「イワナは伝説の魚だ!」と言っていたからです。言っていたと思う……。もしかしたら、私の記憶違いかもしれませんが、個人的にイワナは幻の魚なんです。
一度、とある山の途中の清流でパクパク口を開けているイワナに会ったことがありますが、とんでもなく低い水温の川で悠々と彼らは生きています。
本当に何を食べているんだろう。
なんであんなに冷たい水の中で笑っているんだろう。
どうして、人が来ると顔を出しに来るんだろう。
やっぱり幻の魚なんだ。

山に棲む浄化のシンボルとしました。
さて!イワナは見つかるのかな?それとも……。

 

「朝が来るまで」

今回のアルバムが完成に至る重要なきっかけ、「グラスを置く」ことをテーマにしました。大切な言葉を霧の中に失わないように、夜が更けることを恐れずに、たとえ朝が目前に迫ってもそのままじっと耳を澄ますのです。誰も待っていないかもしれないし、誰も来ないかもしれない場所でも間違いなく自分の場所なのだから、じっと時が来るのを待てばいいのだと自分に言い聞かせる唄です。

  

「エスカレータ」「かけっこ」

今回の大きなテーマとしてストリートライブに駆けずり回っていた頃の思いを「思い出」ではなく、生きる記憶として未来に続く糧にすることがありました。
とても個人的なことなのだけれど、一度はきちんとしたかったのです。もう何度も録音しているのだけれど、これでようやく一つの区切りです。納得の音楽ができました。
ノスタルジーではなく、現在からはっきり見える視点での歌として希望の詩にしました。「エスカレータ」を書いた当時は、ストリートで転がる僕らが遠ざかり、なんだか虚しさや悲しさが先行していたのですが、あれから僕たちはこの足で歩き、汚れた手のひらでも誇らしく挙げて生きてきました。認めてもいいのだと思います。あの時も、これまでも、そして今も「力いっぱい歩いている」のだと。「自動階段に身を任せているのではない」と。忘れてはいけない光景をこれからも唄いたいのです。
そして、「かけっこ」はその歩みからの「帰り道」。悔しさ、やりきれない熱さ、堂々巡りの苛立ちがまぜこぜになった時も、風に吹かれて自然と足が家に向かうのです。そしていつか、時が経てば忘れちゃうこともあるかもしれない。闇雲にかけてゆくのだから。でもそんな時にも、あの時の唄は忘れない。あの時に一緒に口ずさんだ音楽を忘れたりしないのです。力いっぱい走った僕らは、ぐっすり眠ってまた、明日に駆け出すのです。また君に会いにゆくのです。風が強い日はなかなか外に出れないけれど、そんな風の中にも歌はちゃんと紛れて聴こえてくるのです。

  

「僕、ウォンバットと旅に出る」

ウォンバットってとても珍しいところがある動物です。とても気になる奴なのです。外敵が近づくと掘っておいた穴に逃げるのですが、その時、お尻を外に向けています。そのお尻がとてつもなく固いのです。ちょっとやそっとでは歯が立たない。そして相手が諦めるまでじっとしている。自分なりやり方を突き通すのです。でも、あまりしつこい相手だと、その固いお尻で相手の鼻先を穴の壁に押し付けてバキバキにしてしまいます。きついお仕置きをするのです。戦わない意思を表明して、それでも絡んでくるやつはコテンパンにするのです。でも基本的に争いを好みません。だから、テレトリーを大切にするんだそうです。うんちをして、自分の縄張りを主張するらしいのですが、そのためにうんちが転がりにくいように四角いうんちをします。まるでサイコロのような。どうやってするんだろう?そこまでして、争わない環境を作るのです。なんてオリジナルややり方なんでしょう。憧れてしまいます。
そんなウォンバット。一律的に「逃げちゃダメだ!」ではなく、なんとも柔軟に、しなやかに「生きる、生き抜くこと」を選び、突き進むのです。そんな仲間と旅に出たらと夢に描いて唄にしました。
ウォンバットは苦い思い出を抱えています。たくさんの仲間たちが失われて(絶滅して)しまいました。みんなとってもオリジナルな生き方をしていた奴らです。
人間たちをみてウォンバットは伝えたいことがあるかもしれません。失った仲間のことを責めるのではなく、「人間も気をつけなければいけないよ!」と。だから、あんなに人懐っこいのかもしれません。こちらがびっくりするぐらい嬉しそうな顔をして駆け寄ってくるのです。
そしてはっきりと言うのです「逃げ出せ!まずは心守るために!」と。

  
ずいぶん長々と書いてしまいました。
読んでくれてありがとう。このアルバムを気に入ってくれたら嬉しいです。
次回はレコーディングの機材のお話をしようかなー。

 
アルバム「僕、ウォンバットと旅に出る。」の詳細はこちら!

「僕、ウォンバットと旅に出る。」ライナーノーツその3〜曲作り開始〜

今回、ノートとiPadを並べてギターで曲作りを進めました。
奥さんに聴いてもらったりしてぽつぽつとスタートです。
隅っこの方で、ウォンバットも聴いていましたよ。
なんだか昔の4トラックでの録音みたいでとっても楽しい冒険です。しかしiPadのガレージバンドは便利だったなー。今回のアルバムでもこの時の曲作りで作った音源が一部残っています。どの音かわかるかなー。

さてさて、曲作りが進み、いよいよレコーディングとなるわけですが、今回は一人での作業ですのでここでどんな方向性にアルバムを持ってゆくのかを決めなければなりません。曲を集めただけではなくて「アルバム」を作るのですから。

箱庭の枠を決めるようなものです。例えば「弾き語りアルバム」というくくりもあります。ハモニカとギターと声で完結するアルバム。なかなか良さそうです!でも以前にもやったこともあるし、新しい試みでなければ「挑戦」になりません。「挑戦」でなければ、あのストリートの頃のヒリヒリとするような緊張感は戻ってこないと思ったのです。

そんな時、ふと以前にライブのお手伝いをさせていただいた敬愛するキーボーディストでありギタリストのK氏からお聴きした話を思い出しました。

「あのね!アルバムの作り方は色々あるんだよ!例えば、タイトルから先に決めちゃう人もいる。その時のファッションで全てを決める人もいる。アーティストのTさんなんて、アルバムのアートワーク、そう!ジャケットデザインを先に作ってしまって、そのイメージから曲を作ったりしたよ!」

まさか、20年近く経って、この言葉をこんなにもはっきりと思い出すなんて。

そうだ!ジャケットから先に作ってみてはどうだろう。

今回のアルバムの音源は一人で作ろうと思っていましたが、アートワークは他の人からの刺激があると面白いのでは?と思ったのです。

そこで、早速出来上がりつつあった曲のいくつかの詩をプリントアウトし、旧知のイラストレーターasacoさんに託すことにしたのです。

そして、返ってきたデザインが今回使わせていただいたジャケット。

僕の詩に時の流れと風景を取り込んでくれました。

そして、星空に浮かぶイメージたちは「歌詞にファンタジーを感じたから」とのメッセージをいただきました。

確かに、「ウォンバット」や「イワナ」が出てきたりと、自分の中ではリアルと感じている音楽も、相手に伝わる時にはファンタジーなのだと理解できました。

新たな発見です。
「僕はファンタジーを歌っていたのだ」

この予想外の「ファンタジー」という言葉により、アルバムのサウンドも決定しました。
当然、選曲もきまり、アルバムタイトルも「僕、ウォンバットと旅に出る。」に決定したのです。

さぁ、続いてはなぜ、このような詩が生まれてきたのか。そんなお話をしたいと思います。
ではその時まで、アルバムのアートワークからファンタジーを感じていただければと思います!

アルバム「僕、ウォンバットと旅に出る。」の詳細はこちら!

「僕、ウォンバットと旅に出る。」ライナーノーツその2〜音楽の旅はじまる〜

その1からのつづき

それから、曲作りが始まったのですが、なかなか思うようにゆきません。
そして、あっという間に2018年を迎えてしまったのです。
「それなり」に続けてきた音楽活動のツケが回ってきたのでしょうか。
いつも通り、ギターを手にノートとペンを持って始めても、なんだかうまくゆかない。

言い方は色々あるかと思います。
「気分が乗らない」だとか
「アイディアがわかない」だとか……。

転機は、なんとはなく参加した
「アルコール依存対策セミナー」で、こんなお話を聞いたことで訪れました。

アルコール依存の一つに「楽しかった記憶=アルコール」の状態の人がいます。
本当は「楽しかったこと」はそれ自体、独立したものなのに。
例えば、みんなで行ったキャンプが楽しかった!
その「楽しさ」をもう一度!と願い
「飲めばまたあの時みたいに楽しくなるかも」とアルコールを摂取する。
それが高じて、飲むことと楽しさがつながってしまい依存につながるのです。

この話を聞いた時に、「なんだか、自分のことみたいだ……」と感じたのです。

酔っ払って、以前の感覚のまま音楽ができているような気がしているだけで、
ただ思い出に浸って、「あの音」からは遥か遠く離れた場所に来てしまったのかもと……。
なんだかそれは、とても悲しいと感じました。

そして、思い切って断酒に踏み切ったのです。

すると強烈な思いがやってきたました。
まるで嵐のような思い。
明確なイメージとして浮かんできたのです。

それは……。

京都三条と大阪梅田の歩道橋で、ガムシャラに唄った日々。

梅田の歩道橋上

Claps!とThee Cosmic Mother Orchestra、
そしてPockeysで奏で続けた日々。
眩い光とカビ臭く薄暗い地下通路の蛍光灯、
たくさんの人の歓声や笑い声。足音。
抜け出したいという思いと、
いつまでも続けばいいと願う気持ち。
終わりがない時と錯覚するような日々。

ただただ強烈な時の記憶。

残酷なほど遠くに感じることもあれば、
今からでもあの場所に立てるような気分が嵐のようにやってきたのです。

その感覚が明確な形になって浮かんできました。

それはもう一度、あの時のようにヒリヒリするぐらいの緊張感や、
やりきった!と言えるような作品を作りたいというイメージ。

これが最後のアルバムになっても後悔しない!
いや、残りの人生を通じて「これが私の音楽です!」と言える作品にしよう!と決意したのです。

大げさではなく、僕にとって、
あのストリートの日々は過去ではなく今に繋がり、
未来にも響くものにしなけらばならないのです。

あの時の自分を裏切ってはいけないと。

そして、あの時から今までずっと聴き続けてくれる人もいる
そのありがたさを忘れてはいけない。

だから、中途半端な状態でステージには立たないぞ!との気持ちで
恒例の京都ライブも2018年はお休みをすることにしました。

「断酒」が「本当の記憶」を辿り、
音楽の旅を再開する日々のきっかけになったのです。

そして、書きためた曲は20曲ほどになりました。
いよいよ、レコーディングに突入です。

さあ、続きはまた今度。

遠い音楽の記憶にも耳を傾けながら、待っていてくれると嬉しいです。
飲み物はジンジャーエールがいいかな?

アルバム「僕、ウォンバットと旅に出る。」の詳細はこちら!

「僕、ウォンバットと旅に出る。」ライナーノーツその1〜銀色の盤面〜

アルバムをリリースして1ヶ月。
多くの方に聴いていただき、本当に嬉しい限りです。
リリースして良かった!
ということで……。

今回のアルバムに関して、発表までの思いを綴っておこうと思います。
本人が書くライナーノーツです。
ちょっと恥ずかしいですし、たいして面白くもない文ですが、せっかくのアルバムですから記念に書いてみます!

さてさて、皆様のおかげで、2019年にリリースできたわけですが、事の始まりは2017年です。この年も京都のロッ研イベントに呼んでいただき演奏をしたり、それなりには音楽活動をしていたのですが、「それなり」でいいのか?とふと疑問に感じたのです。
バンドが活発なわけでもなく、基本一人ですから気が向いた時に演奏していればいいわけです。それもいいのですが、もっと高揚感を持って、みなさんにも喜んでもらえることはないのか?とぽんやりと考えたわけです。

そこで、ひらめいたのが
「そうだ!アルバムを作ろう!」だったのです。

Claps!のアルバムのミックスとマスタリングを手がけさせていただいたり、我武者羅應援團のDVDで映像編集とパッケージデザインを担当させてもらうなど、制作に関してはマイペースながらもコツコツ積み上げてきたつもりなのですが、いざ「自分の作品」となると随分前にiTunesでダウンロード販売しただけですし、CDに関していえばCD-Rでしか作ったことがない!

CD-Rでリーリスした作品たち

そうなんです。
自分の曲をちゃんとした銀色のプレスCDで発表したことがなかったのです。

音楽はすっかりストリーミング時代ですからCDで発表する意味も考えてみたのですが、単純にCDで育った世代としては、作品として形にすることだけでも素敵だなと思いましたし、何よりライブなどで気に入ってもらえたらその場で手にしてもらえるという喜びがあります。
それに、あのプリンスも2015年に言っていました。

「アルバムって覚えてる?いまでもアルバムは大切なものだよね。本や黒人の命と同じように。」
https://www.grammy.com/grammys/videos/prince-albums-still-matter

そうなんだ。僕はアルバムが好きなんだ。
次の曲はどんな曲だろう。あっ!ちょっと間があってから入るんだ。おぉーフェードアウトしていきながら次の曲がはじまった!!なんて。ジャケットを眺めながら、この写真のギターがこの音なのかな?とか思い巡らし、自分の呼吸のように曲順が入り込んでくる。

よし!作ろう!作るんだ!
作品としてCDを作ろう!と思い至ったのです。

これが、2017年。そして、アルバムのための曲作りを始めました。
あたらしい一歩として、何ができるのかな。
どうやって作ろう?ぼちぼちと歩き始めました。

それでは、続きはまた今度。
アルバムを聴きながら待っていてくれるとうれしいです!

アルバム「僕、ウォンバットと旅に出る。」の詳細はこちら!

「僕、ウォンバットと旅に出る。」より「おとこのこおんなのこ」をシングル配信開始!

tessy渾身のCDアルバム「僕、ウォンバットと旅に出る。」をより多くの方に聴いていただきたい!との思いから、「おとこのことおんなのこ」のシングルカット配信を本日より始めました!!


apple MUSICやAmazon MUSIC、Spotifyなど各種オンライン配信サービスよりご利用いただけます!【こちらをクリック!】

販売価格は150円ですが、ストリーミング・サービスでも提供していますので、定額プランの方はぜひ!
youtubeMUSICではコマーシャルをご覧いただければ、無料で聴けますよー。

そうそう!CD収録版と全く同じ音源ですので、アルバム購入済みの方は買わないようにねー。
ぜひ、お友達にもオススメしてみてね!

ニューアルバムの通販を始めました!

令和元年初日に発売しました
ニューアルバム「僕、ウォンバットと旅に出る。」の
通販を開始しました!

ライブで買いそびれたーとか、
そもそもライブが少ないじゃないか!等の声に応えます!
販売ルートは……。
メルカリで販売します!なんだか楽しそう。

こちらのリンクからご覧頂く
メルカリアプリで
「僕、ウォンバットと旅に出る。」と検索してくださいねー。

販売者は「てっしー」となっています。
価格は送料込みで1,300円です。
売り切れの場合、翌日には補充しますよー!
ご注文、お待ちしていますー。

アルバムタイトル、アートワーク決定!

ニューアルバムのアルバムタイトルとアートワークが決定しました!
タイトルは「僕、ウォンバットと旅に出る。」です。
そしてアートワークはこちら!

イラストレーターasacoさんの描き下ろし紙ジャケット仕様です。
5月1日発売。7曲入りのアルバムとなります!
令和元年、初日の発売となりますよー。
詳細はこちらをご覧ください!

アルバムリリース決定!

みなさま、こんにちは!

すっかりご無沙汰しておりましたが……

なんと!沈黙を破り5月1日にニューアルバムを発売します!!

全7曲入りのアルバムです。

タイトルは、

「僕、ウォンバットと旅に出る。」

現在、鋭意作成中!!

 

続報をお待ちください!!!

 

追伸

サイトもちょびっとリニューアルしました。

アドレスも変えちゃいましたが、よかったらこちらもご覧くださいねー。

これは!事件だ!COUNTDOWN JAPAN出演の一次審査通過!!

COUNTDOWNJAPAN.jpg

あの冬フェスそして、年越しイベントの決定版、幕張メッセで行われる「COUNTDOWN JAPAN」にアマチュア出演枠というのがあります。

そのオーディションに応募したのですが……

なんと!

一次審査通過です!!

二次審査はみんなの投票で決まるのだそうです!!

そこで!!みんなの応援をお願いしたいのですっ!!

よろしくお願いしますっ!!!

こちらのページに詳細があります!!わお!

tessy.png

みんなで年末、幕張で唄をうたおうよ!!

 

 

 

さらに!!さらに!!!

Claps!も一次審査通過!!

わお!!

Claps!の詳細はこちら!

claps.png

 

10月4日(火)よりリスナー投票受付開始です!

みなさんよろしくお願いしますっ!

 

 

取り急ぎ、報告でした!!!!!!!!!!!!!

 

Claps!がTVで流れているんだ!

そうそう!すっかり書き忘れていましたが、

ミックスとマスタリングで参加させてもらった(コーラスもちょこっと!)、

Claps!のニューアルバムから、「Inner Child」が

上田情報ビジネス専門学校【ウエジョビ】のTV-CMで流れています!

 uejobi.png

信州限定の放送ですが、リンク先では動画で見れられますので、ぜひ!

こちら!